ジュエリーブランド「AROM.」アロム公式サイト

JOURNAL

Jewelry or Accessory

ジュエリー? アクセサリー?

「JOURNAL」では、ジュエリーのことや制作の裏側にあるストーリーをデザイナー建野みどりが書きつづっています。

「ジュエリー」という呼び方と「アクセサリー」という呼び方があります。
この2つの呼び方の違い、ご存知ですか?

Googleで検索してみるとジュエリーが約115,000,000件、アクセサリーが約288,000,000件で、
日本語ではアクセサリーという呼称の方が主流なようです。
それにしても、アクセサリーの方が倍以上ヒットするというのはちょっと意外でした。

イタリア語では、アクセサリーを「accessori」(アッチェッソーリ)といいます。
イタリアのECサイトをみてみると、accessoriのカテゴリーにはバッグや靴、ベルト、サングラスなどがあります。
そうなんです、イタリアではアクセサリーというと主にバッグや靴のことになるのです。

日本語での定義もインターネットで調べてみました。
ジュエリーは貴金属や貴石、半貴石を用いたもの、
一方アクセサリーは真鍮や鉄、アルミなど希少性の低い金属や樹脂などを使ったもの、
とされ、ジュエリーの方が比較的高価なものとされているようです。
その中でもK18以上のゴールドやプラチナに貴石を用いたような、さらに高価なものをファインジュエリーと言います。

イタリア語ではジュエリーのことは「Gioielli」(ジョイエッリ)といいます。
一方、日本の所謂アクセサリーのことを「Bijoux」(ビジュー)と呼びます。
イタリアでは正式にgioielliとbijouxの定義が法的にも定められていて、ブランドはどちらの商品を扱っているかによって納税時のd職業カテゴリーまでにも違いがあるのです。
彫金学校に通っていたときも講師生徒ともに、Bigiotteria(ビジューを扱うブランドやショップ)とは一線を画す(したい?)ような姿勢や態度が多々みうけられました。

そんなわけで、AROM. では弊社商品のことをジュエリーと呼ぶようにしているのです。

ご質問やお問い合わせは、コンタクトフォーム、または LINE Official Account よりご連絡ください。